映画・テレビ: 満腹幸せグルメとぶらり気まぐれほっこり旅

2014年01月21日

映画「永遠の0」 岡田准一の名演技

映画「永遠の0」感動の結末!!

映画「永遠の0」を見に行った。

この映画は、第二次世界大戦中の帝国海軍のゼロ戦パイロットたちの物語。

映画は元パイロットたちの回想という形で進んでいく。

岡田准一扮する宮部久蔵は非常に優秀なパイロットだったが、同僚たちからは臆病者と呼ばれていた。

それは宮部が「妻と娘に会うために必ず生き延びる」と常々口にしていたからだ。

その時代は国のために死ぬことが栄誉とされていたので、そんなことを口にする者は他にはいなかった。

同僚や、部下や、教え子たちにも「生き延びろ」と言っていた。

自分の教え子の若いパイロットたちの命を守るために、彼らが飛行機に乗るための許可を与えないことさえあった。

それほど生き延びることにこだわった宮部だったが、戦局が悪化し多くの仲間たちが命を落とす中、どういうわけか自ら特攻に志願し、命を絶つことになる。

だが、そこで映画は終わらない。そこから意外な急展開があり、感動の結末を迎える。

それについては、ここでは書かない。その先を知りたい方は映画館へどうぞ。

涙もろい人はハンカチを持っていくのを忘れないこと。

岡田准一の演技には、ますます磨きがかかって素晴らしいの一言に尽きる。

空を飛ぶゼロ戦の様子や、空戦の映像には驚くほどのリアリティーがある。

超オススメ。
タグ:岡田准一
posted by 荒川太郎2 at 04:47| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

今まで見た映画の中で強く印象に残っているもの

「シンドラーのリスト」。第二次世界大戦中に、ナチスから迫害を受けていたユダヤ人たちの命を救ったドイツ人の話。実話をもとに作られた映画。シンドラーに救われたユダヤ人たちがシンドラーの墓を訪れるシーンでは涙が止まらなかった。強烈に印象に残った映画だった。監督はスピルバーグ監督。

「ロッキー」「ランボー」。シルベスター・スタローンがカッコよくて憧れました。シリーズは全て見ました。先日テレビでランボーシリーズを放送していたので久しぶりに見ましたが、やはりかっこいいです。

「ニューシネマパラダイス」。イタリアの映画です。イタリアの田舎の映画館を中心に様々な出来事が起こる。思い出の一杯詰まった映画館。でも古くなった映画館は、取り壊されてしまう。映画館が爆破されるシーンでは、涙が止まらなかった。周りの席に座ってる人たちも皆泣いていた。

「犬と私の10の約束」。田中麗奈主演。飼い主の女の子と、犬の物語。犬を飼うに当たって10の約束をする。最後に犬が死んでしまうシーンでは涙をこらえきれず、映画館で号泣した。

これが、10の約束です。ー知っていますか?犬たちのほんとの気持ちー
1. 私と気長につきあってください。
2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3. 私にも心があることを忘れないでください。
4. 言うことを聞かないときは、理由があります。
5. 私にたくさん話しかけてください。 人の言葉は話せないけど、わかっています。
6. 私をたたかないで。本気になったら 私の方が強いことを忘れないでください。
7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
8. あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9. 私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10. 私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
  そして、どうか覚えていてください。 私がずっとあなたを愛していたことを。

【送料無料】犬と私の10の約束 プレミアム・エディション [ 田中麗奈 ]


posted by 荒川太郎2 at 22:15| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

映画「奇跡のリンゴ」を見に行きました

映画「奇跡のリンゴ」を見に行きました。主人公は青森・津軽のリンゴ農家、木村秋則(阿部サダヲ)とその妻(菅野美穂)。

秋則は農薬散布のたびに妻の体調が悪くなるのを見て、無農薬でリンゴを作る決心をする。失敗と挫折を繰り返しながらも試行錯誤を続けるが、思うようにはいかず、リンゴの木は害虫に蝕まれ、病気になり、彼のリンゴ畑はボロボロになってしまう。

周りの人たちはあきらめるよう説得するが、彼は無農薬栽培をやめようとはしなかった。やがて収入はなくなり、金も底を突き、車を売り、畑の一部を売り、電気は止められ、貧乏のどん底に。

ついに彼は妻と別れて死のうとまで考えるが、山の中の自然の木を見てある方法を見つけ出す。そして無農薬10年目にして彼のリンゴ畑に奇跡が........。

その先は書きません。

主人公のセリフ「人は一つのことに狂えば、必ず答えは見つかる」。
タグ:映画
posted by 荒川太郎2 at 23:48| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。