東京・東村山の新名物「黒焼きそば」がウマイ件: 満腹幸せグルメとぶらり気まぐれほっこり旅

2014年04月27日

東京・東村山の新名物「黒焼きそば」がウマイ件

東京・東村山の新名物「黒焼きそば」。

「黒焼きそば」は地元で生まれた「黒ソース」を味のベースにした、東村山の新名物。

各店がそれぞれ自慢の黒焼きそばを生み出しており、じわじわと地元のファンを増やしているご当地グルメである。

「黒ソース」とは、イカスミと様々な香辛料をブレンドした秘伝のソース。

イカスミの深い旨味とスパイスの効いた、これまでにない味。


黒焼きそばが地元に広がりを見せたのは、2009年。

黒焼きそばを扱う60店舗近くの店を回るスタンプラリーが行われたことがきっかけとなった。

最初は興味本位で注文していたお客さんも次第に味のとりこになり、口コミでその存在が知られるようになっていったとか。

今では特別なメニューというよりも、いつも店にある定番メニューとして地元に定着しつつある。


黒焼きそばをどうしても食べてみたくなった私は、2009年のスタンプラリーで売り上げNO.1となった「中華料理ぼん天 久米川店」に行ってみることにした。

「中華料理ぼん天」は所沢街道沿いにあり、地元の人たちから愛される名店。

この店の黒焼きそばは太麺で、柔らかい豚肉とキャベツをはじめとする新鮮な野菜がたっぷり入っており、ボリューム満点で、しかもヘルシーな一皿。

味、香り、ボリュームともに、スタンプラリーで売り上げNO.1に輝いたのも納得できる。


場所:東京都東村山市久米川町1-37-30。

営業時間:11:00〜24:00。

年中無休。


行き方。

西武新宿線久米川駅北口から西武バスの新秋津駅行きに乗り、野行で下車。

または、JR武蔵野線新秋津駅から西武バスの久米川駅行きに乗り、野行で下車。


黒焼きそばが食べられる店は、西武新宿線東村山駅と久米川駅周辺、JR武蔵野線新秋津駅周辺などに100店舗以上ある。


地元の人に愛される名店「中華料理 ぼん天」。
140426_141358.jpg

東村山の新名物として定着した「黒焼きそば」。
140426_135027.jpg

味もボリュームも納得の一皿。
140426_135235.jpg



ラベル:B級グルメ
posted by 荒川太郎2 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東村山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。