満腹幸せグルメとぶらり気まぐれほっこり旅

2014年02月27日

川越ラーメンと紫いも餃子

川越ラーメン・紫いも餃子とは?

埼玉県川越のらーめん店「餃子菜館 大八」に行きました。西武新宿線の本川越駅を出たら駅前の中央通りを左(北)へ進みます。

しばらく行くと蔵造りの街並みが現れるので、珍しい建物を眺めながら歩いて行くと、 右側に川越のシンボル時の鐘が見えるので右の路地に入り、時の鐘を見ながら進みます。

時の鐘の数十メートル先に「餃子菜館 大八」というラーメン店があります。 川越ラーメン・紫いも餃子と書いたのぼりが立っているのですぐにわかるはずです。

店の中に入り「川越ラーメン」と「紫いも餃子」を注文しました。

川越ラーメンは川越の良質な地下水と天日塩を使用した麺に、コーン、メンマ、チャーシュー、海苔、 そして川越名物の芋のから揚げがのっています。

川越は古来から良質な地下水に恵まれていたそうです。 その良質な地下水を汲み上げ、天日塩を使って仕上げたという麺は、上質な食感を味わうことができます。

スープは、昔ながらのすっきりした醤油味です。

紫いも餃子は、餃子の皮に紫芋が練り込まれています。モチモチした皮は食べ応えがあります。 具はたっぷり入っていて、その具の中にもさつま芋(紅東)が入っています。

この店で発案された川越名物だそうです。日本でここにしかない絶品の紫いも餃子にチャレンジしてみては?

ラーメンも餃子もとてもおいしくいただきました。ご馳走様でした。

「餃子菜館 大八」さんの営業時間は、AM11:00〜PM8:00。毎週月曜日は定休日です。 場所は、川越市大手町14-7 時の鐘の斜め前です。

帰り道に時の鐘の近くのお店で、紫芋をふんだんに使った「紫いもソフトクリーム」買って食べました。 こちらも美味しかったです!!

西武新宿と本川越を結ぶレッドアロー小江戸号。全車指定席、快適です。
140226_153235.jpg


川越観光の玄関口、本川越駅。
140226_132152.jpg


蔵造りの街並みを眺めながら進む。
140226_134950.jpg


川越のシンボル、時の鐘。
140226_135017.jpg


餃子菜館 大八。
140226_143056.jpg


140226_135601.jpg


名物川越ラーメン。
140226_140314.jpg


お芋が隠れていたので、とり出してみました。
140226_140520.jpg


紫いも餃子。大きめです。
140226_140910.jpg


具はたっぷり。さつまいもが入っています。
140226_141547.jpg


完食。ご馳走様でした。
140226_142730.jpg


ももクロちゃんも来ていました。
140226_140050.jpg


松潤も。
140226_140021.jpg


紫いもソフトクリーム。こちらも美味しかったです。
140226_143743.jpg
ラベル:らーめん
posted by 荒川太郎2 at 09:44| Comment(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

甲府「奥藤本店」の「鳥もつ煮」 キンカンとは何か?

甲府駅南口「奥藤本店」の「鳥もつ丼」。

甲府駅南口にある蕎麦屋「奥藤本店」に行きました。

山梨の名物「甲府鳥もつ煮」の発祥の店です。

テレビでも紹介され、B1グランプリで全国制覇を達成するなど、

すっかり有名になった甲府鳥もつ煮ですが、もともとはこの店で誕生したのです。

名物「鳥もつ丼」(1,000円)を注文しました。

鳥もつとご飯がたっぷり入って、かなりのボリュームです。

鳥もつは、レバー、ハツ、砂肝などの鳥の内臓。

上に載っているキンカンと呼ばれている黄色い球状のものはいったい何なのか。

調べてみると「雌鳥の体内にある、殻ができる前の卵。柑橘のキンカンと形状がそっくりなのでそう呼ばれている」とのこと。

美味しくいただきました。

甲府の街を歩いてみると、2月14日〜15日にかけて降った関東甲信の記録的な大雪の残雪が大量に残っていました。

雪かきはされているものの、道路わきには大量の雪が山積みになっていました。

1m超の雪が降ったというから、雪かきも大変だったに違いありません。

高尾から先の区間で運転見合わせが続いていた中央本線は、ようやく運転が再開されました。

とはいっても再開されたのは普通列車のみで、しかも大幅に本数を減らしての運転です。

特急「かいじ」「あずさ」「スーパーあずさ」は、運転見合わせが続いていました(2月19日の時点で)。

他にも青梅線の青梅〜奥多摩、富士急行、身延線、小海線は運転見合わせとなっていました。

甲府駅南口にある「奥藤本店」。
140219_125926.jpg

140219_125836.jpg

140219_125851.jpg

名物「鳥もつ丼」。
140219_123531.jpg

真ん中の黄色い球状のものがキンカン。
140219_123737.jpg

名古屋・栄の錦通りはよく知っているが、甲府にも錦通りがあった。
140219_133213.jpg

名古屋ホテルではなく、古名屋ホテル!? 「こなや」と読む。
140219_133346.jpg

甲府駅北口駅前広場。
140219_141914.jpg

運転を再開した中央本線普通列車。
140219_122206.jpg

高尾〜勝沼ぶどう郷にかけての山間部では、さらに大量の残雪が。
140219_165516.jpg

140219_171819.jpg
ラベル:とりもつ煮
posted by 荒川太郎2 at 12:23| Comment(0) | 甲府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

大雪でガレージが破壊された件

自宅のガレージが破壊された!! 関東甲信の大雪。

2月14日〜15日にかけて降った関東甲信の大雪。

記録の残っている120年間で最大の積雪だという。

2週連続で、記録的な大雪となった。前回の雪が融けきっていないところへまた今回の大雪である。

16日は天気が回復したので、外を歩いてみた。

まだかなりの量の雪が残っている。

昼間は雪が融けて路面がビチャビチャになり、夕方になると気温が下がり再び凍結する。

何度も転倒しそうになった。

路線バスは、チェーンをつけてかろうじて運行していた。

新宿へ出てみた。

そこで、鉄道の運行状況を調べてみると、

信越線、上越線、両毛線は運転見合わせ。

高崎線は、籠原から高崎の間で運転見合わせ。

中央線は、高尾から先は運転見合わせ。

東武東上線は、午前中まで小川町から寄居の間で運転見合わせ。

西武線は高麗から西武秩父まで運転見合わせ。秩父は陸の孤島となっているという噂を聞いた。

動いている路線も本数を減らしていたり、大幅な遅れ。

道路も通行止めの箇所があるようだ。

東急東横線の列車衝突事故も原因は雪のようだ。

自動車事故も多発、けが人続出、死者もでている。

雪に慣れていない関東では単なる大雪というよりも、災害レベルである。

ちなみに自宅のガレージは、雪の重みに耐えられずに見事に破壊された。

今回の大雪で、雪国に住む人の苦労が少し理解できた。もちろん雪の量は比べ物にならないのだが。

予報では、週の半ばにまた雪が降るとのことだ。もう勘弁してほしい。

140216_073323.jpg

140216_074330.jpg

140216_074439.jpg

140216_182345.jpg

家のガレージが破壊された。
140216_201958.jpg
ラベル:大雪
posted by 荒川太郎2 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。